2015年01月08日

ニキビ・アトピー・蕁麻疹が多い、その影響

シェービングは、とても鋭い刃(剃刀)でシェービングをします
その為に少なからず全ての方に若干のリスクはあります、
しかしお肌に問題がある方はそのリスクも大きくなります。

【アトピー】は、通常のシェービングをしたその時には
問題が無くとも翌日以降にお肌に変化が現れる場合が多いです、
これはとても怖いと思います、特に寒い時期に成って行くにつれて
その変化は大きくなって行きます。
アトピー症の方のお肌は 健康な方のお肌より抵抗力は必ず低く
シェービングの影響によってトラブルになる確率は確実に高く
より慎重なシェービングが必要です。
注】アトピーで皮膚をかいてしまい ひどく傷だらけの方もおられます
この場合は、敏感肌とは違いかみそりを当てる事も出来ない為に
シェービングは不可能です。

【じんましん】は、普段の時は出たじんましんの赤みも
しばらく経つといつの間にか消えてしまっている・・・
しかし、シェービングによる刺激と角質まで取ってしまう為に
刺激によって出てきた蕁麻疹の赤みは簡単には消えない
もちろん直ぐに消えてしまう方もおられますが 
シェービング技術が高度、タッチが軽いシェービングでなければ
その影響でお肌は どこまで悪化するかは分かりません。
蕁麻疹が出易い方は、敏感肌用のシェービングが間違いありません
決して失敗をしない為に。

【各部位のニキビが気になる方】
ニキビは、各段階によって対応は異なります。
@赤みも無くほんのり凹凸
Aほんのり凹凸で少しだけ赤みがある
Bしっかり凹凸で赤みは無い
Cしっかり凹凸で赤い
D先端が化膿した状態

【状態によってのシェービング】
@=シェービング技術がしっかりしていれば問題はありません。
A=シェービング技術が高ければ問題は無い場合が多い。
B=高度なシェービング技術又は、敏感肌専用が必要です。
C=敏感肌専用シェービングが必要です。
D=敏感肌専用シェービングが必要です。
E=敏感肌専用シェービングが必要です。

【安心出来る 最良のシェービング】
Bに関しては、凹凸が激しい場合ですが
B〜Eに関しての敏感肌専用シェービングが必要な理由は
まず、通常シェービングは、(シェービング専用ソープ)
石鹸で泡立ててシェービングをしますが、2〜3個のニキビなら
場所をチェック出来ますが多数ある場合には何処がニキビか
全て白い泡で覆われ目では確認が出来ません。
リップでの敏感肌専用シェービングは透明な材質ですので
目で確認をしながら避ける所はよけてのシェービングが可能で
お肌全体に大きな潤いと優れた鎮静効果でお肌への負担を
最小限にして さらに鎮静効果が強く後のトラブルも抑え
安心してシェービングが受けられます、B〜Eのニキビは
見えないと剃刀でニキビを削ってしまう事になって
大きな問題になってしまいます。

ブライダルシェービングに自信のカットサロン リップ | 横浜市

posted by リップスタッフ at 17:23 | レディースシェービング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする