2017年06月30日

ブライダルシェービングと日焼け・日焼け止め

お肌に厳しい季節が来ました
お式を前にしてとても気になるのが日焼けですが
皆様日焼けしない様にとても神経質になっています。
日焼け止めがどれほどお肌に悪いか、どう選べば良いか・・・

日焼け止めのSPFとは効き目が持続する時間の事です
日焼けの効果の強弱ではありません
SPF30の場合で効き目持続時間 約10時間
50の場合、それ以上の時間と言う目安ですが
数値が強い(大きい)ほど肌にはかなりの影響があり
当然数値が弱いほどお肌への負担は少なくなります
SPF50を毎日使用していますと肌は驚くほど乾燥します
肌は突っ張りカサカサ、神経質になっている花嫁さんは
SPF50を使われているケースが非常に多いです
シェービングに来られる時の肌は驚くほど乾燥状態で
その為 安全なシェービングが出来ない事も多々あります。
弱めの(SPF30)くらいをこまめに使用された方が
お肌には優しくトラブルは少なく肌コンディションもいいですね〜
それでも毎日使用していますと乾燥はそれなりに進みます。

そこで大切なのが断然保湿です。
どんな理由であれお肌の乾燥が続きますといずれ恐ろしい結果に・・・
人間の肌は水分が不足しますと体は肌を乾燥から守ろうとして
皮脂を分泌します、女性は肌がテカッテいると皮脂を拭き取ります
そうしますと体は皮脂が足りないと更に多くの皮脂を分泌します
そうしたお肌には誇りも付きやすなり いずれその皮脂でお肌が
攻撃されていきます 結果、皮脂が多い所から肌には赤みが出始めます
俗に言う赤ら顔の肌。
肌がテカッテ来たら肌は乾燥し過ぎ、赤みが出始めたら乾燥の局地
そんな状態を何年も続けますとお肌はすぐにみかんの皮の様な
毛穴がとても目立つみかん肌になってしまいます。
このみかん肌になったら手遅れですが すぐに、簡単になります。

お肌の乾燥は何よりも恐ろしいお肌の大敵なのです
手遅れになる前に 1に保湿、2に保湿3・4に保湿5に保湿です
そうすれば高価な美容液などは必要ありません
潤いさえあれば後は体の機能(毛細血管の栄養)だけで素晴らしい肌に
体の機能は凄いんです、おばちゃんと違ってまだ若いのですから。

ブライダルシェービングに自信のカットサロン リップ | 横浜市


posted by リップスタッフ at 00:44 | ブライダルシェービング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする